{TOPICPATH}

NEWEST / < NEXT   BACK >

工作物


 上京することがあり
 
 帰り道
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この美術館で道草
 
 
 
 
 
 

 
 『オスカー・ニーマイヤー展』
 名前は薄い記憶で知っていましたが
 どの様な建物を設計したか ? でした。
 
 
 
 この建物皆さんよくご存知ですよね。
 (本当はバックの『United Nations Headquaters』を入れたつもりが
  素人撮影で頭が切れてしまいました。
  あえて日本語訳しませんが・・・)
 
 恥ずかしながら初めて知りました。
 
 
 
 その他
 自然に影響される価値観の違いはともかく
 こんな建築もあるのですね。
 
 
 
 
 どこか没になった新国立の感覚に近いものが・・
 
 当方 芸術家ではないですね。
 
 
 
 
 
 で
 本題
 以前ら間近で観たいと思っていた工作物
  (建築的には工作物と思う)
 
        
 
 
 アニメの世界を具現化するにも
 建築基準法に基づく安全を担保するものが必要ですよね。
 連邦軍の主力とは言え
 法に背くことは出来ない・・・
 
        
 
 
 なんて話はともかく
 拝見出来るとしたら確認申請時の図面を見てみたい
 建築的に緻密に描かれた『ガンダム』
 
 どんな図面なのだろうか・・・好奇心
 
 
 
 
  発進する時の
  『アムロ 行きます。』
   と
  『木馬』
  ストーリーが以前のロボットアニメに比べものにならない程
  しっかりしていたことが記憶に残ります。

  『燃え上がれ 燃え上がれ ガンダム 君よ~・・・・』
                           だったかなぁ?
 

 
 夢を与えてくれる工作物ですね。
 
 
 
 
 
 
 




 

| 出来事 | 10:34 PM | comments (0) | trackback (0) |

コメント


コメントする

               
        ※コメント&トラックバックに迷惑対策を施しています。







トラックバックURL

http://www.arc-kei.com/blog/tb.php?167

トラックバック

NEWEST / PAGE TOP / < NEXT   BACK >


     つれづれに
         建築日記

ARCHIVES

<前月 2021年12月 次月>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

PROFILE

   設計室ケイ

CATEGORIES

NEW ENTRIES

RECENT COMMENTS

OTHER

{KARUCAN}

処理時間 0.137355秒

etc